太陽光発電を新築時に設置するメリットと支払い方

太陽光発電を取り入れる人が増えている

年々新築住宅に太陽光発電を取り入れる方が増えてきています。統計によると3割以上の方が太陽光発電を導入しています。専門家によるとこれからも新築住宅に太陽光発電を取り入れる方は増えていくと予想されています。名古屋でも太陽光発電を設置する方は増えています。これから新築の住宅を建てようと考えている方は参考にして下さい。

新築住宅に太陽光発電を設置するメリット

1屋根に合わせて太陽光発電を設置出来る

より良い太陽光パネルの設置を行ないたい場合は、新築の際についでに設置した方が屋根の形や屋根の勾配、屋根の材料などに合わせて太陽光パネルを設置出来ます。この時に気を付けなければいけないのが、屋根の形によっては設置出来ない場合もあります。

2配線も設計に含まれる

太陽光パネルを接続する際に必要な配線も新築時に行なえば家の内側に収めたり、自由な設置が可能になります。新築時に行なわないと配線を外から通すことになるので、見栄えも悪くなってしまいます。配線のことは事前に話しておかないと、忘れられる場合もあるので気を付けましょう。

3パワーコンディショナの設置位置を確保出来る

パワーコンディショナという機械は通常屋内に設置されますが、新築じゃない場合は場所が確保されていないために玄関や洗濯室などに設置されてしまいます。新築時の場合はパワーコンディショナの設置位置を予め設計に入れられるので不自然な設置位置への設置を防ぐことが出来ます。

新築に太陽光発電

電球

太陽光パネル設置費用の支払い

太陽光パネルを設置した時にかかる費用は新築ではない場合ローンが現金になります。よくあるのがkWを多くするためにローンを組んで屋根いっぱいに設置するパターンです。太陽光パネルは多く設置するほど利益が高くなるので屋根いっぱいに設置する方が多いです。ローンの場合は月々の支払いに無理が無いように設定しましょう。

新築時の支払い

新築時に太陽光パネルを設置すると住宅ローンと一緒に支払いをするか、住宅ローンとは別に太陽光発電用のローンを組むか現金での支払いになります。ここで気をつけたいのが住宅ローンは借りられる金額が決まっているので、住宅の予算によっては組めなくなってしまうことです。太陽光パネルを沢山設置したがために他の設備がイマイチになってしまわないようにバランスをとりましょう。

広告募集中